• お問い合わせ
  • サイトマップ
SMC静岡マウンテンクラブ

静岡市の山の会---静岡マウンテンクラブへようこそ

トップページ > 山行の準備

登山にあたって

 
 ●健康管理と体力トレーニング
   登山は体力を酷使します。出かける前から健康管理に努め、体調に異常があったら登山は控えるべきです。また、平常から
   体力トレーニングをしておきましょう。

 ●自分に無理の無い山を選ぶ
   静岡マウンテンクラブでは山行の年間計画を決めてあります。あらかじめ地図や山の本などでその山を調べ、自分に無理の
   無い山を選び参加して下さい。

 ●山の天候
   登山は天候に左右されます。山は平地と気象条件が異なります。晴天時には簡単と思われる山でも、天気の急変で事故につ
   ながる事もあります。
   濃霧で道に迷ったり、冷たい風雨に見舞われたら、体温が奪われて危険になる事もあります。
   静岡マウンテンクラブでは基本的に雨天決行です。それは、会以外の山行時にも対応できる経験を各自に持ってもらう為で
   す。しかし、荒天時には目的地を変更する事もあります。


グループ登山での注意事項

 
 1. 時間の厳守。 集合時間・出発時間・休憩後の出発時間・入浴時間等時間は厳守して下さい。
 2. 出発前・解散時は必ず点呼を取り参加者を確認する。 (事故・負傷者の確認も)
 3. トップ(リーダー)より先を歩かない。ラスト(サブリーダー)より後を歩かない。
 4. バラバラ山行は事故のもとです。 行方不明・転落・滑落の要因にもなります。
 5. 間隔を空け過ぎない、分岐や曲がり角で前の人を見失い行方不明になる。
 6. やむおえず編成を分ける場合は、必ず双方の前後に係(リーダー・サブリーダー)をつける。
 7. 適時々々に地図で現在地を確認しながら歩く。 尾根・谷の状況・傾斜度・高度・方位 等
 8. 体調不良者が出た場合は、サブリーダーが付き添い下山する。事故を考え一人では帰さない。
 9. 岩場・鎖場・はしご・ロープ・雪渓・渡渉・ガレ場等の危険地帯は慎重に安全な通過を・・・
 10. 事故発生時は、落ち着いて、参加者全員の安全確保を忘れずに行動する。