• お問い合わせ
  • サイトマップ
SMC静岡マウンテンクラブ

静岡市の山の会---静岡マウンテンクラブへようこそ

トップページ > 2014年の山行記録

2014年 12月  第164回山行記録


  天狗石山 1,366m・猿見石山 1,116m   行程図はコチラ
    
                                                    
       実施日:平成26年12月14日(日) 天候:晴               
   参加者:24名 男性:13名 女性:11名   
  担当リーダー:山本(貢) サブ:鈴木(多)   レポート:佐藤

   
   奥大井は馴染みのところ、10年間ほどボランテアで子供たちとキャンプを張って遊んだ懐か
しい土地だ。接岨湖のダムサイトでキャンプしたこともあった。当時は未だ山には興味が薄くこ
の周辺の素晴らしい山々にはあまり興味を持たなかった。智者山から天狗石山、猿見石山は初め
ての挑戦。
 時間過ぎまで待っても現れない一人を待ちきれずに出発。7:10 登山口まで狭い林道を走る
ためにマイクロバス、ザックを膝にぎっしり。藁科川に沿ってR362遡行、久能尾からは急で狭
い道路を喘ぐように登る。8:00 杉尾の展望台で休憩。寒い、ゆずの無人販売が盛況、遥かに
見える冠雪の富士は犯しがたい存在感。狭い林道を慎重に走って8:30智者山神社。 
 8:40 社殿への石段から登山の始まり、お参りもそこそこにいきなり急な登山路に取りつく。
胸着くような急坂、暫くで遅れる者も出始める。9:00 林道の出合で小休止、隊列を整える。
少しピッチを落として薄暗い植林の急坂を昇り続ける。高度を上げてくると植林地が切れ、明
るい雑木の林、雪が薄らと白い絨毯のように広がっている。風が冷たい。9:45 智者山々頂。
山頂は明るい冬枯れの雑木林、南側が開けて大井川下流域と周辺の山々が連なっている。
天狗石山への道は明るい快適な尾根歩きが続く。冬枯れの雑木林の枝越しには重厚な深南部の山々。明るく開けた場所にゴロゴロと石があり、天狗石の説明版10:25 10:35 薄らと雪に
覆われた天狗石山々頂。近くの展望の効く反射板で昼食。眼下に接岨湖をおいて手前に三峰山、
彼方の大きな山容は大無間、山頂部からのガレは朝日岳か、その先には白銀の峰々、陽だまり
で贅沢な一時を愉しむ。
 
   DSC00944
今年一番の寒さ 山に薄っすら雪が・・・精鋭8人衆。
 
  
DSC00940
支度していざ出発。
 
  
 緩い上り下りの尾根道を行く。時にやせ尾根、岩場、鉄製の渡り板と変化に富んだ登山道
だ。林の中は踏み跡も明確で無い所もあり、リーダーを信じつつもテープの目印を見つけて
はホッと。晴れてはいるが時々雲が流れ、時に黒い雪雲らしきものが混じる。尾根歩きは楽
しい、林越えに見える雪を疎らに置いた山々が疲れを癒してくれる。12:05 鉄塔。眼下に
エメラルドグリンの接岨湖があり、その中央にアプト式の湖上駅が見える。大きな山塊は
大無間か。軽快な尾根歩きがいつの間にか薄暗い植林地帯に。小さな鞍部は白倉峠か、やが
て何の変哲もない猿見石山山頂 13:00、低い檜林に囲まれて展望は無い。一本の檜の幹に
掌大の小さな山名標識、裏に新ハイの文字、顧問の仲間が付けたのに違いない。
 ここからは標高差700mばかりを1時間ほどで一気に掛け下る厳しい登山路。凍っている
ところもあるのか、時々スリップする人も出る。下る、とにかく下る、時々白い物が舞い落
ちる、雪だ。陽はさしているのでキラキラと光る。12:05 NHKアンテナ。暗い植林地を
ひたすらに下る。大きな倒木を踏み分けて藪をぬけると林道だった。すぐ先の広場に我らの
バスが待っていた。
 14:10 三宝神社は下ってすぐのところ、車窓より鳥居の奥に向かって本日の無事の登山
を心より謝す。14:30~15:40 白沢温泉「もりのいずみ」で入浴。温泉よりは先ずは一杯、
飲食の人が意外と多く湯船に浸かった人は半数に満たなかった。この温泉場、いろんな浴槽
を備え小奇麗で洒落ていて山の鄙びた温泉に慣れた身にはちょっと馴染み難かった。経営が
街中で大きな浴場を経営しているのと一緒だと聞いて納得、料金も山男には過ぎている。何
はともあれビールで乾杯、本日の登山の無事、今年いっぱい無事故の山行を祝す。予定より
少し早めの17:10 無事静岡着、解散。
 今冬一番の冷え込みと言われたわりには天候にも恵まれ快適な山歩きを楽しませて頂きま
した。リーダーのお二人ご苦労様でした。多謝!
 来年も元気で楽しい山歩きをしましょう! 皆さん良いお年をお迎えください  「s」
 
DSC00947
智者山1291m山頂にて。DSC00954
天狗石山 きつかつた.
 
DSC00964
 ここが・・・見落とす所だった。
DSC00962
眼下に長島ダム湖。