• お問い合わせ
  • サイトマップ
SMC静岡マウンテンクラブ

静岡市の山の会---静岡マウンテンクラブへようこそ

トップページ > 2013年の山行記録 > 8月 木曽駒ヶ岳

2013年 8月  第136回山行記録


 木曽駒ヶ岳 2956m                                                    
       実施日:平成25年8月24日(土)~8月24日(日)  天候:曇り時々晴れ→ガス・風雨             参加者:23名    担当リーダー:大川・下村(サブ)      レポート:梶本
   
  駒ヶ岳という名前は全国に数十山あるが、残雪が馬の形に見える、等に由来する。駒ヶ岳と称する山の中で、木曽駒ヶ岳は南アルプスの甲斐駒ケ岳に次ぐ高さを誇り、甲斐駒ケ岳を東駒、木曽駒ヶ岳を西駒とも言う。
  今回の山行は静岡駅南口を予定より少し早い6:24 出発、「新清水IC」より52 号線を北上、「中央道駒ヶ根」で降り、現地バスに乗り継いで11:00 には「しらび平ロープウエー」乗り場に到着するという、予定以上に順調なゆとりある行程となった。従って「千畳敷」では約40 分程の休憩が得られ、12:00(昼)出発の時間帯までに高地順応や昼食タイムなど、様々な目的を持って過ごす事が出来た。                            
当初の山行計画では「千畳敷」から左ルートで極楽平へ向かい、「宝剣岳」を経て中岳から駒ヶ岳頂上山荘へ向かう予定で有ったが、雨模様とガスで、現地指導員からルートの変更を助言される。.      その為「千畳敷」から「乗越浄土」へ向かう右ルートを登る事とする。 
 
  dc082701
バスを乗り継ぎ、出発前のしらび平にて
 
 
P8240005dc082705
ガスの晴れ間に見える千畳敷を振返る
 
  千畳敷カールでも、その見事な宝剣岳の岩壁も、カールのお花畑もガスでまったく見えない。 途中ほんの少しガスが晴れカールが見えるが、またガスに覆われてしまう、約1時間程で全員が乗越浄土到着。[こんなに順調で良いのかな・・・? と返って少し不安がよぎる。]  辺りは濃霧で雨が降って来そうな寒々しい風が吹いている。宝剣岳も中岳もまったく見えない。
   第1グループの12人と第2グループ6人の有志は乗越浄土にザックを置き、片道約20分の宝剣岳を目
指して別々に出発。残りの5人は早めに今晩宿泊の山荘を目指した。ここで先程の悪い予感が当たってしまった。まず第1グループもベテランのリーダーではあるが、濃霧のため分岐路で少々道迷いがあったと
聞く。第2グループの6人は分岐路の標識を見落とし、約40分歩いて中岳まで行ってしまった。そこか
らまた宝剣岳を目指そうと思い何人かの登山者に聞くが、宝剣岳がどこにあるのか知らない人や、「この先、約50分程掛かる」と言う人など様々で、中岳を少し下った所で引き返しを決定、指定された乗越浄
土に戻る。全員ザックを回収し頂上山荘に向かう。14:30山荘着。                           
 しかし先に山荘に向かったはずの5人は、まだ着いていない。中岳方向とは別の方向に向かってしまっ
たと思われ、第1グループ、第2グループとも一気に心配ムードとなった。天候不順が予想される中、雨
も降り始める。待つ事30分、15:00無事5人が到着。 ロストウェイした時の冷静な判断が大きな事
故に結びつかなかった事と思う。 濃霧時の注意・対応の重要さを改めて実感する。
 翌日は5:00 朝食。雨が強くガスで視界が無い。山荘からの下山ルートは当初計画していた将某頭山    から野田場経由桂小場のルートを、悪天候の中、1600mを越える高低差を下る事や、安全上の問題と
景観    の問題等で取り止め、木曽駒ヶ岳山頂を往復し、昨日の往路を戻る事とする。                           
 6:00  21名が木曽駒ヶ岳山頂に向かい出発。約20分で山頂へ。山頂はガスの為、周囲の景色はほ
とんど見えず、風雨もかなり強いので早々に下山する。恐らく天候が良ければ広い山頂でのパノラマは美     しい景色で、ゆっくり滞在したくなる様な場所であると思いを寄せた。                           
山荘に戻り、中岳から乗越浄土、千畳敷に向かう。昨日は分からなかったが千畳敷カールの周遊路ではさ
まざまな高山植物の花が咲き誇っている。千畳敷駅8:30、バスの待つ駒ヶ根駐車場9:20着。
 
 
dc082713小屋にザックをデポし木曽駒山頂に向かう
dc082715
中岳山頂
 
 
 P8250012
ガスで視界ゼロ、木曽駒が岳山頂にて。
P8250016
何を祈るか熱く手を合わせている仲間が一人・・・


 
 早い時間の戻りは、みのわ温泉「ながたの湯」でゆっくり体と心を休める癒しとなった。10:20 から12:00まで入浴と昼食。それぞれが喉越しの良い飲み物や食事で腹を満たす。記録係である私は所用の為、  ここで皆さんとお別れとなり最後までの記録を書けず大変に申し訳なく、お許し頂ければと思います。          16:00 頃には静岡に無事到着されたのでは?と想定させて頂き、今回の報告書とさせて頂きます。
dc082719
カール上部の岩場、宝剣岳が霞んで見える。
dc082718
「八丁坂」を慎重に下る。