• お問い合わせ
  • サイトマップ
SMC静岡マウンテンクラブ

静岡市の山の会---静岡マウンテンクラブへようこそ

トップページ > 2013年の山行記録 > 7月 羅臼岳・斜里岳・雌阿寒岳

2013年 7月  第133回山行記録


 羅臼岳・斜里岳・雌阿寒岳                                                    
       実施日:平成25年7月27日(土)~7月30日(火)                     
  参加者:25名    男性:12名 女性:13名  
   担当リーダー:下村(岳)、土屋、大川      レポート:佐藤
   
  二度目の北海道遠征は道東の三つの100名山を目指す。参加メンバーのコストパホーマンスを考慮、大勢の参加者を募り、「あすなろ山友会」のメンバー8名を加え25名の賑々しい大型ミッショ
ンとなる。全国的に天候は荒れ模様、北海道も天候が定まらないようだ。 

 27日(土)晴れ 6:30 静岡駅南口発。6:45 東名静岡 新東名 東名川崎IC経由 羽田空港 9:30.離陸前に軽く景気付けの極冷ビールで昼食。11:15 AIRDO51便 13:00 女満別空港。
ホテル差し回しの小型バスと乗用車に分乗。北の大地をひたすらに走る。ビート、麦、ジャガイモ、とうもろこしの畑、牧場が広がる。「あっヤナギラン」と誰かの声、ピンクの花が原野に色を添える。 端整な斜里岳が雲間に現れたり消えたり、オホーツクの海は波静かに穏やか。15:15 オシ
ンコシンの滝。海岸近くのこんなに大きな滝は初めてだ。記念撮影。コンビニで明日の食料を仕入れ。今夜の宿、岩尾別温泉「ホテル地の涯」へ16:00.早速名物の露天風呂を楽しむ。ちょっと熱
めながらミズナラ林に熱い順に三段に設けられている。蚊には参った。 
 
  dc080233
初日は観光のみでオシンコシンの滝を見学
 
 
dc080248
知床半島のはずれ、文字通りの「ホテル地の涯」
dc080236
ホテルのすぐ裏「木下小屋」
 
  28日(日)晴れ時々曇り、雨 いよいよ憧れの知床の名峰「羅臼岳」へ。
 朝食の弁当を早めに済ませ、三班に分かれてスタート5:40.ホテル裏側から登山路へ。キビタキか明る
い鳴き声、ミズナラの樹林の九十九折を登る。6:20 オホーツクの展望台。若い単独の登山者が羆(ひぐま)が出たと脅えながら下山してきた。蟻の巣が集結するあたりの登山道近くに親子で居座っているらし
い。地元の登山者も下山するとか。ツアーの一行が先行しているし、我々は大勢、そのまま歩き続ける。
 時々霧雨、オホーツクの海に虹が掛かる。雨具を着ける。弥三吉水 7:20 ダケカンバが地面に這い
つくばっている。銀冷水9:30 携帯トイレの利用場。大沢の入口 8:50 7月末だと言うのに雪渓の雪
は多い、傾斜が緩いのでアイゼン無し登る。一の岩場 9:15 今度の雪渓は急なのでアイゼン装着 9:30 
羅臼平 10:00 内地では見られない羆対策のフードロッカーが設けられている。ハイマツが低く拡がっ
ている。2班が大分遅れているようだがそのまま進む。急な岩場はお花畑、チングルマ、エゾオオサクラ
ソウ、エゾノツガザクラ等などが眼を癒してくれる。風が強く、細かい雨が顔を打つ。濃い霧雨の中大き
な岩群を攀じ登ると不意に羅臼岳山頂。11:40.風雨が強く後続を待たずに一班のみで記念撮影、早々に
下山。
 頂上直下で風を避け、昼食を取りながら2班の到着を待つ。アイゼンの着脱で手間取ったようだが、後
続が到着、ザックを置いてそのまま山頂を目指す。2班と入れ替わりに一斑は往路を下山する。25名の
うち22名が山頂を極めることが出来たようだ。急な下りは膝にきつい。お花畑に救われながら慎重に下る。13:00 羅臼平 大沢の雪渓はアイゼンを装着して下る。14:00銀冷水。羆対策を考慮して2班と合流し
て下ろうと到着を待つも中々現われない。膝の調子が悪いTさんをSリーダーがサポート、他のメンバー
は先行して一斑と合流。最初から登頂を諦めている3班に状況を知らせようと、早馬が出る。Oさん、
Sさんの二人がTさんをサポート。1,2班の残り12名が先行して下山する14:50.少しでも遅れを取り戻
そうと休み無しで歩く、羆の危険地帯も無事に通過、オホーツク展望台 16:30.バスと乗用車の分乗手
配確認の為の早馬、4名が先行。目的地が近くなるとピッチも上がる。下から「おーい!」とT会長のお出
迎え。「ホテル地の涯」17:20.休む暇も無くそのままバスに乗り込む。17:45 「知床プリンス風なみ
季」着。チェックインが遅れたので入浴前に夕食。
 

  
dc0802134羅臼原生林に虹がかかる
dc0802106
雪渓も又楽し
 
 
 dc080289
先行1班登頂時は霧が晴れていたが2班の撮影は無理でした
dc0802140
雪渓下り


 
 29日(月)曇り 渡渉と岩場の山、アイヌの人々が神の如く尊崇したと伝えられる斜里岳へ。
観光組4名、登山組21名に分ける。朝食のむすびを早めに頬張って6:00発。コンビニで各自昼食を手配。
車窓からの斜里岳は山頂部が黒い雲に覆われ、しかもその雲の動きは激しい。7:25 登山口の清岳荘。
全面に広がるオホーツクに見送られ登山路へ。他に何人かの登山者。明るい林道を暫く歩き、広葉樹林の
登山路、笹、アキタブキ?が密生している。早速に一の沢の渡渉が始まる。右岸から左岸へ、狭い岩の道、岸の岩場、左岸から右岸へと渡渉が続く。我慢していた後の4人組が我々を追い抜いていく。地元の人だろ
うか、動きに無駄が無い。渡渉で転び水を浴びる人も出る。雲の流れは早く、風も時に強い。8:40 6合目、下二股。これからが難所、急傾斜の岩場や流れが続く。ここでリーダーミーテイング。清岳荘の主の
話では上はかなりの強風、登山路の崩れもあり、多人数での登頂はかなりリスキーだとの助言があったよ
うだ。天候の上向く状況では無さそうだし急遽、登頂を断念下山することに決定。登ってきたルート、岩
を掴み渡渉を繰り返しながら下山。観光組と連絡を取り、早めにバスを回すように手配替。10:55 清岳荘。バス待ちの間に昼食。12:35 観光組と合流。雨の北の大地をバスは懸命に走る。ジャガイモ、ビート、小麦畑が雨に濡れ、牧場の牛も動きが鈍いようだ。14:00 弟子屈の「道の駅摩周温泉」。目ざとく
地元限定のビールを見つけゲット。15:10 雨に煙る湖畔の「阿寒湖荘」着。ゆっくりと温泉に浸かり、
夕食を楽しむ。旅館の庭にキタキツネがでたようだ。
dc080252
ここの徒渉で2名ドボン
dc080259
ヘツリ
dc080260
徒渉が多い
dc080266
清岳荘前にて
 30日(火)雨 啄木に「阿寒の山の雪のあけぼの」の一節がる。雌阿寒岳は当初山行計画には無かったが、搭乗までには踏破出来そうだと言う事で加わった経緯がある。
雨が止みそうもない。山で濡れた後始末には時間が掛かる、フライトの時間もある。残念ながら雌阿寒岳
の登頂を諦め。阿寒湖観光に切り替え。今遠征で初めての真っ当な朝食をゆっくりと頂く。朝風呂も楽し
んで湖の遊覧観光。9:00 「まりもの里」桟橋。雨に煙る湖面を観光船はノンビリと航跡を描く。尾の白
い大型の猛禽類が一羽、悠然と飛んでいる、北海道での繁殖が珍しいオジロ鷲だ。マリモ展示観察センター見学。遊覧終了下船 10:30。バスに乗車、釧路空港へ。11:50釧路駅近くの「和商市場」で名物の「勝
手丼」を食し、土産の海産物を仕入れる。14:00 釧路空港。我々の予定する16:00のフライトは濃霧の
為に着陸がPENDING、場合によっては千歳空港にとのアナウンス。暫くは状況が変わらずイライラした
が、結局は10分遅れで離陸。18:00 羽田空港 迎えのバスで一路静岡へ。19:30 海老名Pで夕食。
21:40 静岡駅。全員無事到着解散。皆さんご苦労様でした。
 
 
 
dc080296
阿寒湖ではマリモクルージングを楽しむ。
dc080278
釧路市場で話題の海鮮「勝手丼」に舌鼓。
 目指す道東の3名山踏破は叶わなかったが、知床の最高峰、羅臼岳への無事な登頂はまずまずの成果。中
途で断念した斜里岳は清岳荘の主人の言うとおり、渡渉と急な岩登りの連続、稜線の強風雨、一部登山路の
崩れ、天候の見通しを考えると21名の集団登頂は時間が掛かりすぎて難しかったと思われる。雌阿寒岳は
搭乗時間との関係で雨中の山行はかなりのリスクだったと思う。我々と時季を同じにして中央アルプスを
登山中の韓国人グループの大量遭難の例もあるし、「止める」「引き返す」勇気を改めて思い返している。
今回の登山計画の企画、FLT、宿泊、バス、登山情報、会計はたまた計画変更まで全てをアレンジして頂い
た会長、大勢のメンバーの安全と登山の楽しみを取り仕切って頂いたリーダーの方々、大変有難うございま
した。「s」  

「余分な事ながら」
 羽田空港でのこと。集合場所の搭乗口に中々現われないNさん。大分経って現われた。遅れた原因は持ち
物検査で引っかかったらしい。どうも小さな刃物?を隠し持っていたとか。クワバラ クワバラ。
暫く経って拡声器でSリーダーの呼び出し。スワ!何事とSさん、カウンターへ。ライター2個を潜ましてい
たようだ。一人一個が許容範囲だとか。一個をTさんに託して事なきを得る。
まさに「天網恢恢疎にして洩らさず」悪事の栄えた試しは無い。かくして日本の空の安全が守られる。