• お問い合わせ
  • サイトマップ
SMC静岡マウンテンクラブ

静岡市の山の会---静岡マウンテンクラブへようこそ

トップページ > 2012年の山行記録 > 9月 燧ヶ岳・至仏山

2012年 9月  第119回 山行記録


  燧ケ岳・至仏山       
                                   
   実施日:平成24年9月28日(金)29日(土)30日(日)
  天候:晴れのち曇り         
  参加者:16名   男性:9名 女性:7名 
    
  9月28日(金)    小雨                
    御池駐車場~燧ケ岳(俎嵩・柴安嵩)~三条ノ滝~元湯山荘            
      
    27日21:00     静岡駅南口    清水IC~首都高~東北道経由        
    4:40     尾瀬御池駐車場着  朝食&出発準備        
    5:45     御池駐車場を通り林道を入るとすぐの分岐を左に、燧ケ岳登山道入り口である。
                     樹林の中、ぬかるみの滑りやすい石や木の根の悪路の急登を進む        
    6:50     ブナの林の中、傾斜が緩んで開けたところで広沢田代(休憩)        
                茶色に紅葉した湿原のなかに続く木道を進む        
    8:05     木道や階段の急斜面を登る。 熊沢田代        
    8:15     湿原の茶色が濃くなり、りんどうが咲く。回りの潅木が赤、黄色に少しずつ色ずき始め
                 ている。        
    8:30     (休憩)        
    9:00     両側にササと低木のごろごろ石の急坂        
    9:25     ガレ場        
    9:30     (休憩)        
    10:00     俎嵩山頂   2346m(休憩)    
                山頂は狭く岩塊で、石祠が並ぶ三角点峰。山頂を下り急登        
    10:50     柴安嵩山頂 2356m 昼食 (休憩)          
                最高点である為、燧ケ岳山頂の標示がある。
          「尾瀬の広大な湿原の中にそびえる燧ケ岳は荒々しい男性的山容で東北地方の最高峰であ
                る。火山で尾瀬ヶ原と尾瀬沼を作ったと云われている。」
              近道の温泉小屋道、通行不可のため見晴新道下る
    12:30     岩の多い急坂が続く見晴新道 見晴まで3キロ標示板
    12:35     (休憩)
    14:10     (休憩)  沢のごろごろした歩きにくい石の道をずっと下る
    14:25     見晴まであと2キロ
    14:52     尾瀬沼分岐
    15:05     見晴小屋 (休憩)    両側に小屋・売店・無料休憩場
  15:25     山の鼻との分岐を温泉小屋へ左折
                  温泉小屋の手前の大きな木にサルのコシカケあり
    15:50     元湯山荘着  すぐ風呂に入り生ビールで乾杯
         ** 到着が遅れた為、三条ノ滝は中止。**


 
 dc100322
池塘に映る燧岳
 9月29日(土)    小雨                
    至仏山
小至仏山~鳩待峠駐車場老神温泉   

  5:50     小屋出発
  6:07     東電小屋分岐 朝もやが立ち込めた前方に至仏山がみえる。
  6:15     赤ナグレ岳に日が昇り尾瀬ヶ原は「もや」につつまれている
          昨日ガスで見えなかった燧ケ岳もはっきり見られた
  6:20     只見川にかかる東電、尾瀬橋
          この橋手前は群馬県、橋向こうが新潟県
         東電側のルートは熊が出るので大声で歌いながら歩くと良いと元湯山荘の主人から
       聞いたので、「ツキノワグマ出没注意」の看板から女性達歌いだす。
      (幸い熊はいなかったようだ。)
  6:30     東電小屋 (休憩)
        「もや」っとしている景色の状態をオップンチットと云うようだ。*リーダーの話*
  6:55     ヨッピ吊橋分岐 標高1400m (休憩)
  7:10     池糖に写る後方の燧ケ岳、写真のポイント
          前方には至仏山のおだやかな登山道が見える。尾瀬ヶ原に日がさし、シラカバの木が
      映える
  7:40     牛首分岐、見晴小屋から山の鼻への道に入る (休憩)
  8:00     逆さ燧、カメラポイント
        「もや」に濡れた湿原の草が日ざしに光り幻想をかもしだす。
  8:20     山の鼻小屋 食事(休憩) 尾瀬への観光・登山客でにぎわい
  8:50     至仏山登山口 滑りやすい階段を登る
  9:45     (休憩) 尾瀬ヶ原から燧ケ岳の展望
  10:20     (休憩) 眼下に山の鼻小屋周辺
  10:30     中間点  ヨッピつり橋1400から至仏山2228mの半分
          ここからキツイ登りだがウメバチソウの一輪心なごむ。
    10:50     至仏山は隆起した山で石は蛇紋岩(リーダー説)        
            左側に平ヶ岳展望        
    12:15     至仏山山頂 2228m (休憩)        
            山頂では、鳩待峠から登って来た人がほとんどで混雑する        
    12:30     山頂を下る        
    13:15     岩稜をたどり小至仏山 こちら側から見る至仏山は、岩の塊        
    13:40     (休憩)        
    13:50     笠ヶ岳との分岐        
    13:55     水場        
    14:55     鳩待峠駐車場  バス待つ間(休憩)、車も人も混雑        
    15:18     シャトルバス(1人900円)にてセイシンバスがいる戸倉へ        
    15:40     尾瀬高原ホテル        
    15:45     セイシンバスにて老神温泉へ出発        
    16:25     東秀館着


 
dc100302
燧岳への登り
dc100306
赤田代で
dc100320
尾瀬ヶ原を行く

dc100317
幻想的な陽光
dc100308
朝の尾瀬ヶ原
dc100335
燧岳(俎嵩)山頂で
 9月30日(日)  晴れのち雨       
    東秀館~吹割の滝~土田酒造~原田農園~静岡
   

    7:30     朝食
    8:30     東秀館出発
    8:45     吹割の滝
    9:55     土田酒造(穂高の伏流水、ほまれこっこう)見学
    10:40     道の駅 川場田園プラザ
    11:30     原田農園 昼食
    14:00     中央道 談合坂SA 雨強く降ったり止んだり
    15:45     新東名 駿河湾PA 台風の影響あり
    16:40     静岡着   急ぎ足でそれぞれ帰宅               
                           H・S
dc100323
牛首分岐点
dc100328
至仏山途中からの尾瀬ヶ原
dc100331
至仏山山頂で
dc100330
至仏山頂直下の木の階
dc100329
至仏山直下の急登